ニキビが出た!
困ったそんな時、どうされていますか?

実は、良かれと思ってやったことが、もしかしたら逆効果の可能性もあるのです。

今回は美容とエステのプロがお伝えしたい
困ったニキビ時に、まず気をつけたいこと・見直したいことについてまとめました。

 

基本、触らない・潰さない

ニキビの中にこもっているものを出したほうが小さくなりそう!
潰してしまうケースが多いのですが、高い確率でニキビ跡になるのでやはりヤメておいたほうがベターです。
手には雑菌もついていますし、余計に菌が繁殖して治りが遅くなりますので、基本ルールは触らない・潰さない。です!

また、このニキビが出ているときは隠したくなる気持ちもありますが、クリームファンデやコンシーラーなど油分が多いものも毛穴をふさいでしまい、ニキビが悪化することに繋がりがちなので、パウダーを軽くつけておく程度がオススメです。

ニキビを目立たなくさせたいからと、余計にアレコレするのは悪化しやすく治りも遅くなると心得ておきましょう!

 

白ニキビ黒ニキビならクレンジングを丁寧に!

白ニキビは比較的ニキビの初期段階で、それが酸化すると黒ニキビになっていきます。
(ちなみにその段階で変にいじってしまうと、炎症性のニキビになっていくのでお気をつけを!)

初期段階であれば、毛穴や角質をゆるませて、汚れを浮きやすい状態にしてから丁寧にクレンジングをしてみるのがオススメです。

ホットタオルを用意したり、お風呂に入っている最中のスチーム(湯気)で毛穴を温めてから、いつもより多めのクレンジングを取り、指の腹で汚れを浮かせるように丁寧に行いましょう。

この時、量が少なかったりクレンジングの指の使い方が強いと肌の負担となるのでお気をつけくださいね。
また洗浄力が強すぎるクレンジングオイルや洗顔フォームもオススメしません・・。

わたしの愛用品・フロムCO2の洗顔フォーム

いつも使っているクレンジングミルク(わたしの場合はこちら)でクレンジングをした後に、炭酸コスメで有名なフロムCO2の洗顔フォームで1分泡パック!

ざらつきや黒ずみが気になる部分に、泡を乗せて(押せば出てくるタイプです)1分だけパックして洗い流します。

炭酸と石鹸の相乗効果でつるんと仕上がりますよ♡
(1分以上すると、肌が乾燥しますのでお気をつけを)

(※全ての方に同じ効果があるというわけではありません。元々の肌質やニキビの状態にもよります)

 

炎症ニキビはクレイパックで鎮静させる

炎症が伴っている赤ニキビは炎症を鎮静されるケアが必要です。
(膿んでしまっている黄色ニキビの場合は、膿が出るのに時間が必要になりますので、触らないのが1番必要です)

またこのタイミングで日焼けをしてしまうと、より色素沈着が濃くなる傾向がありますのでお気をつけを!

オススメスキンケア・ローションパック

お手持ちのローションをたっぷりコットンになじませ、5分ほどパックをします。
肌が冷却され、角質層に水分を行き渡らせることで、肌の鎮静をサポートします。
5分以上のローションパックはせっかく肌に馴染んだ水分が、またコットンに逆戻りして乾燥するのでお気をつけを!

(※全ての方に同じ効果があるというわけではありません。元々の肌質やニキビの状態にもよります)

スキンケアも大事ですが、炎症を悪化させるもの避けたいもの。
治りが遅くなっちゃいますしね。

・乱れた食事(脂っこいもの、甘いもの、ジャンクなもの)
・寝不足
・便秘など腸内環境を悪化させるもの
・ストレスや慢性的な疲労

 

そもそも見直したいこと

出来てしまったニキビも気になるものですが、これから先も繰り返したくないのなら、ニキビが出来ない肌質体質を作ることが大切です。

多くのオトナ女子にあるニキビは、思春期ニキビと違って、体質やライフスタイルの影響からニキビができる傾向があります。
と、いうことはニキビができる体質を変えればいいだけのこと。

わたし自身も顔中にニキビがありましたが、冷え性や腸内環境を整え、食事や睡眠などのライフスタイルの質も高めました。
これは体質によって必要なセルフケアが変わってきますので、誰かがやって良かったことよりも、ご自分にとって必要なことを選択する必要があります。

体質を見直したい!
自分のニキビをちゃんときれいにしたい!って方は、ぜひカウンセリングにいらしてくださいね。

きっとお力になれると思いますよ。

個別カウンセリングってどんなもの?