皆さんはパクチー、お好きですか??

英語では「コリアンダー」

 

パクチーの魅力といえば!

豊富なビタミンが含まれていたり、あの独特なにおいの元「イオウ化合物」がデトックス効果をサポートしてくれる効果もあることからか

パクチーをメインにした料理やお店も増えてきて

パクチーをよく食べる方が増えた!といろんなところで聞くようになりました。

 

・・・が!

実はパクチーを食べ過ぎちゃっている時って

✔︎イライラしている可能性があるかも?

✔︎冷えやすい体質かも?

・・・と、こんな風に読み解くことができます。

 

イライラしている時って?

パクチーなどの香味野菜って、東洋医学の考え方だと

気の滞り(イライラ)を鎮める作用がある、とされています。

 

身体が自然に何かを欲している時というのは、その効能を必要としている時ということ。

パクチーをやたら大量に食べたい時=イライラを鎮めたいとき

って、身体や心のサインとなるわけです。

 

適度に食べることでバランスを整えるということになりますが

食べ物にも効能がありますから、食べ過ぎちゃうって時は

その効能も度を超えるとデメリットが出ることもあるわけですね。

 

だから漢方の詳しい先生だと

パクチーばっかり食べ過ぎている女性は、疲れているんだなー!と見えるそう。

 

パクチーの食べ過ぎは結果的に身体を冷やす

パクシーは食べ過ぎると、下痢を引き起こす作用があります。

下痢って、身体の中のいらないものを(お腹の中にあると困るもの)を

一気に出そうとするので、必要だった水分などと一緒に排泄されてしまいます。

 

下痢状態が続くと

身体にとってはガソリンの働きをしてくれる栄養が全然ない状態となりますから

エネルギー不足=冷える状態になります。

 

パクチーって、タイなどの東南アジアでよく食べられているイメージがありませんか?

タイで食べた「カオソーイ」
タイグルメブログこちらをどうぞ^^

 

でも、タイの方にとってのパクチーって

日本でいうパセリやしそのようなもので、ちょっと風味を変えて食事を楽しむ程度らしく

タイに行った時、パクチーをこんもりと食べるためのメニューってなかった気がします。

 

わたしがハーブを教わっている

イギリス在住のRieko Oshima Barclay先生も

パクチー食べすぎると冷えるから気をつけてねー!とお話しされています。

 

要チェック!リエコ先生のブログ
植物の陰陽

植物にも「陰陽」があることを解説されています。

 

まとめ「自分にとっての向き不向きを知ろう」

なんでもそうですが、野菜には効能があるわけなので

好きなものでも「バランス」よく食べることが大切ですね^^

 

ちなみにわたしはタイやハワイなど暑い場所でほんのちょっと口にする程度で

基本的にはパクチーを食べないし、どちらかというと苦手。

 

それは理屈よりも身体自体の声(体感)として

食べすぎると、自分の身体が冷えることを知っているから。

自分の体質を知っていると、どんなものをチョイスしたらいいかにも応用できますね。

 

(本当は気滞タイプだから、パクチーのような香味野菜が向いているタイプですが、味覚がおこちゃまw)

 

このように、ひとりひとりの体質によって「向いている野菜・向いていない野菜」もあったりします!

 

わたしのビューティーカウンセリングでは東洋医学の五行説を応用して、美容の側面から

体質のチェックをした上で、どんな食事や野菜が向いているのかのアドバイスをしていますので

自分の体質とぴったりな食事を知りたい!って方は是非ビューティーカウンセリングへどうぞ^^