かつて、わたしは

リキッドファンデにパウダリーファンデを塗り重ねるほどのレベルでしたがw

30歳をすぎてからファンデーションの厚塗りは卒業しました。

 

・・・と、いうより卒業せざるを得なかった!

厚塗りをすると、ホラーな顔になることを知ってしまったから!

 

時たま、本当はファンデの厚塗りをやめたい!

薄づきでもきれいな肌に見えるようになりたい!ってお声を聞くので

わたし自身がファンデ厚塗りから薄塗りに変えられたステップをご紹介しますね^^

 

厚塗りで生まれるホラーな顔とは?

注意厚塗りをすると仮面感が生まれる

注意余計に肌が乾いてシワシワ!(特に目元のシワ部分が目立つ)

注意ファンデが崩れて毛穴が目立ちまくり悲惨なことに!

注意乾燥肌に厚塗りをするとファンデが乗り切れず、ガサガサ感が出る

 

悲しいことにこんな現実が待っています。

 

これはわたしの経験談でもあり

美容のプロのわたしから見て、こんな方もいるという現状です。

それ以来、気をつけるようにしたことが2つあります。

 

ファンデ薄づきを達成するためにやった2つのこと

素肌そのものを整える

わたしの場合はそもそも、ニキビやくすみを隠したかったのがファンデ厚塗りの理由でした。

結局、厚塗りがニキビやくすみを悪化させてたわけですがw

 

だから、ニキビとくすみがリセットできるように

素肌そのものをスキンケアや日々のライフスタイル(食事や睡眠)を整えるようにしました。

 

ニキビが気になる方へオススメ記事

30代女子のスキンケア!プロが教える大人ニキビの解決方法

 

ファンデの塗り方を変えた

メイクも一通り勉強し、しっかりファンデを塗るのが大好き。

あらゆるブランドを使い倒すファンデーションマニアだったほどでしたが

まずは「ファンデは薄い色が付く下地とパウダーのみ」に切り替えることにしました。

 

ただ、その日の用事によって「しっかりメイク」が必要になる時だけは

頬だけにリキッドファンデを塗りこむようにしていました。

 

顔の中で広いパーツに当たる頬だけ色味を補正したり

チークを塗る下地として整えておくと「メイクしてる感」が出るからです。

フォーマルな場所に行く、人前でセミナーをするなどの時はこの手段にしています。

 

また、全く何も塗らない「ノーファンデの日」も設定

 

べったりレベルだった厚塗りをしなくても済むようになったのは、結局・・

慣れが大きかったように思います!

 

厚塗りじゃないと、肌がきれいに見えない!って思い込みは

本当にただの思い込みだったってワケでしたw

 

今や、ファンデ厚塗りが苦手になり、本当に薄ーい使い方へとスイッチできました。

そして厚塗り時代に困っていた、ニキビや肌のざらつきは気にならなくなりました^^

 

ファンデの厚塗りで肌を傷めるケースもある

ファンデを厚塗りすると

クレンジングをかなりしっかりしないと、汚れが落ちないこともありますよね。

顎先のざらつき・小鼻の黒ずみ、頬の毛穴に何かが詰まっている・・当てはまりませんか?

 

こんな風に汚れが溜まることが気になると

いつもより、クレンジングを長くしたりこすってしまう可能性がありますが

その負担が肌を傷めることになり、肌が老ける要因にもなりがちです。

 

だから、クレンジングの仕方や使う量など正しいスキンケアをすること

そもそも肌にあったコスメを選び取るビューティースキル

どうしても必要になってくるんです。

 

▷ビューティースキルを身に付けたい!ご興味がある方へ

スキンケアのやり方やコスメの選び方等

オトナ女子に必要な美容情報・動画はオンラインサロンで公開中!

 

 

わたしはファンデーションによって

その日になりたい肌作りができるから、個人的に好きなアイテムですし

ノーファンデを強く推奨しているわけでもありません。

 

ファンデーションの選び方や使い方が、その人の肌質に向いているかどうかってことを基準にお話しするようにしています。

 

ただ、ファンデーションの使い方によっては

こんなことが考えられる(ホラー顔や肌荒れになる可能性がある)ってことを知った上で

自分にとってのベストチョイスができるといいなと思っています!

 

なんでもそうですが、知らないと選べないですしね!

 

ナチュラルエイジングをしていきたい

年齢を重ねていくごとに

顔や肌にはその人の個性である深みがついていくものですから

シミやシワができていくのは、ごく自然なことです。

 

わたし自身はむやみに整形や注射などをするつもりはなく

肌本来の力を引き出して高めるナチュラルエイジング派ですが

素肌がきれいでいられるように日々スキンケアは大切にやっていこうと思っています^^