先日、グランピング初体験をしてきました!

去年からずっとやってみたかったことの一つだったので、それはそれはいい時間を過ごせました♡

 

グランピングとは

グランピングとはグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛けあわせた、注目の”ゴージャスなキャンプ”のこと。

手ぶらで行けて、いいサービスが受けられるという新しいキャンプの形だと思います!

 

インスタに(わたしのインスタアカウント
グランピングに行ったことを書いたら、各方面から「気になる!」と連絡がありw

グランピング初心者女子としてのレポを勝手ながら書かせていただきます!

 

 

女子にも過ごしやすい「UFUFU VILLAGE」

今回グランピングをしたのは中伊豆に新しくできるUFUFU VILLAGE・うふふヴィレッジ

6月29日がグランドオープンで、ご縁がありオープン前に特別に利用させていただきました。

狩野川と天城の自然に囲まれた大自然の中の施設。
着いてから、夫とともに大興奮で施設内をウロウロとしましたw

 

 

こちらの施設は有名お菓子メーカーの東京ラスクさんが経営しているとのこと!
(行くまで知らなかった・・!)

スタッフさんの制服も可愛し、ワーゲンワゴンも施設にマッチしてて目を引く!

東京ラスクさんはお菓子メーカー以外にも旅館経営や太陽光のビジネスまでされていると社長さんから伺いました。

 

女子でも満喫できる!グランピングが良かったポイント

小さい頃、家族でキャンパーだったんですが、その時の記憶をたどると・・

キャンプと言えば・・・

  • 大自然、だけど清潔感が気になる
  • 何かとモノを持っていかないと楽しめない
  • テレビもなくて、どうやって1日を過ごすの?

だったんですが(子供でしたから)

グランピングはそれをオールクリアにしてくれる上に、日頃の疲れた心身をリセットさせてくれる大きな力があると思います!

 

手ぶらでグラマラスなキャンプ!

グランピングのいいポイントは

  • 手ぶらで行けるから手軽
  • 非日常を味わえる景観・施設

 

わたしが子供の頃は、テントやら寝袋やら調理器具だとかを全部揃えないとキャンプができない時代でしたから

今、忙しい人が多い中で、用意いらずでサクッと行けるのが嬉しいことかなと思います。

 

ウエルカムドリンク、梅のスパークリングジュース
長時間の車内でちょっと疲れた身体には美味しさ倍増でした!

 

それから居心地や環境の良さを整えるには、諸々のアイテムが必要。
うふふヴィレッジさんでは、こちらの用意がありました。

女性用のアメニティ・歯ブラシ・ヘアブラシ・ポット・冷蔵庫・コンセントや延長コード・ランタン・ハンガーとハンガーラック・紅茶と玄米茶・グラスなどのコップ類・虫除けスプレー・食器一式・(共有の温泉場にはドライヤーやコットンも)

ガゼボには蚊取り線香もあったよ!

 

我が家はいつも車にキャンプ用のテーブルや椅子などを入れているので、より自分たちにとっての快適度を求めました^^

 

一方、女子的に「これは一応持って行こう!」と持参したものたちは、わたしにとってはベストチョイスでした!

 

わたしが持っていって良かったもの

  • 日頃使い慣れているコスメやシャンプー類
  • 寝る時の服(パジャマは用意がないとのことだったので)
  • 朝晩寒いのでパーカーやシャツなど重ね着できるもの
  • ノンカフェインのお茶(夜はノンカフェイン派)
  • 夫はお茶とお酒類
  • タンブラー(お茶が冷めないようにと持ち歩けるから)
  • 小さいトートバック(お風呂に行くときなどに)
  • アンクルウォーマー(レメディーガーデンさんの!

 

自然の中にある環境は都会に比べて、朝晩冷えますよね。
だから冷え性さんや寒がりさんは、冷え対策ができるアイテムはあったほうが快適に過ごせると思います!

 

 

湯あたりしないpH値の源泉掛け流し温泉

オーナーにお話を聞いたら、こちらの温泉は湯あたりしないpH値だということ。
だから長く入っても負担がないし、朝晩しっかり2回入りました。

我が家は家族風呂を予約しました!(別途 1,080円だったような)

グランピング施設の隣には、同じく東京ラスクさんが経営されているスモールラグジュアリー旅館「伊豆・月ヶ瀬温泉 雲風々があり、そのラグジュアリー旅館と同じ源泉を使用しているそうです。

 

家族のスタイルや好みに合わせて、テント泊orトレーラー泊


自然を満喫するテント泊か、ホテルライクに過ごすトレーラーハウスか。

 

わたしはテントが好みだからテント泊にしましたが、びっくりしたのが空調がしっかり装備されていること!

グランピングって夏のイベント的位置付けかもしれないですが、空調があるから「暑い・寒い」にも対応できるのは、ありがたい!

ひょっこりはんw

キャンプには十分なベッド。

 

キャンプ気分を満喫できる夕朝食

自然に囲まれてご飯が食べれるなんて、格別の時間!

夕食はバーベキュースタイル。
食材や食器は全部用意してくれて、それを自分たちで調理していただきました。

昔のキャンプは火起こしからだったよなーw


川がすぐ隣なので、自然のBGM。
ガゼボタイプなので、虫が気になったら周りのカーテンを閉めればOK!


東京ラスクの工場限定の「ラスクパン」も!


デザートの焼きリンゴまで!美味しかったー♡


我が家は夜ご飯はお米派のため、カセットコンロ・土鍋・お米は持参しました。
夕食が早かったので、おにぎりにして夫の夜食を確保w

食材の持ち込みはOKだそうです!
(もちろん自己責任でね)

小さいお子さんがいるお家や
うちみたいに大食いの家にはありがたい♡

 

 

朝食もガゼボにて。
また材料を全部用意してくれるので、好きなように調理していただきました。

ご飯作り、割とうちは夫が担当ですw

ラスクパンを使ってのフレンチトースト
ホットプレートも用意してくれています。

ドリンクも豊富。
伊豆生まれのジュースや
テントの中には紅茶や玄米茶も用意されていました。

豆から挽いて入れるコーヒーも

 

キャンプファイヤーで周りの方とも仲良くなれる

夜19時ぐらいからはキャンプファイヤーもありました。(小学校以来!)

グランピングに来ている他のご家族も続々といらっしゃるので、自然に会話になり、その会話もまた楽しいもの。

 

焼きマシュマロも!

キャンプファイヤーの後の8時ぐらい、近くの川で蛍が見れる事もあるそうです!
(わたしは8時にお風呂の予約を入れていたため断念)

 

何もしないことが最高の贅沢

グランピングで読みたい本を持って行ったものの、1ページも読みませんでしたw

自然の中でぼーっと過ごすことがあまりにも最高だったため!

いつもは仕事のことだったりと何かと考え事をしたり、何もしない・何も考えない時間がないほどの毎日ですが

グランピングに来ると、その環境が何もしない・何も考えないという非日常や

太陽のリズムに合わせて、夜は早く寝て(10時過ぎに寝ちゃいました)
朝はもったいないから早く起きるという

いつもと違うことを味わえる最高の環境になると体感しました。

 

まとめ:グランピングを忙しい女子に勧めたい!

普段、美容家として活動をしているわたしは
きれいになるためのポイントとして

などを、お伝えしているのですが(言い続けて18年!)

 

日頃忙しくしていたり、自分を大切にする時間が持てなかったりとする方には

自然に囲まれて思う存分リラックスできること
丁寧なライフスタイルを送るきっかけにすること

グランピングを通して、こんな自分になれるきっかけになると思います!

 

本当にいい体験ができました!
(うふふヴィレッジの皆さん、ありがとうございました)

早速わたしは次のグランピングを夫にプレゼン中w