冷房をつけるようになると、下半身全体がだるくなったり足先など末端が冷えませんか?
オフィスや室内などで体が冷えると、足がしんどくなりませんか?

足の重だるさは、疲労感が重くのし掛かり、心までも疲れた感じになってしまう威力があります。

 

  • 朝から足がダル重い
  • いつもより足が疲れる
  • ちょっと歩いただけなのに足がすぐパンパンになる
  • いつもよりむくみがひどい

 

これに1つでも当てはまるのであれば、足のセルフメンテナンスがマスト!
するとしないとでは、1日の快適度を大きく左右すると思います。

我が家は犬がいること、超暑がりの夫がいるので冷房がしっかり効いた室内です。
夜は羽毛布団にくるまって寝てるほどです笑

だから、セルフメンテナンスしないと、本当にしんどくって!

 

冷房をつけると、足元の方が天井より5℃低くなり、当然冷える!

 

ある時、わたし自身もオンラインサロンのメンバーさんも

朝起きたばっかりなのに、足がだるい!!

という事態になっちゃいまして。
(メンバーさんには、1分ですぐできる対処法をメールしました! ※個別フォローコースでの対応)

 

これは前の日のむくみやだるさを引きずっていたり、冷房による影響がとても大きいです。

 

エアコンなどの家電の専門職の方に確認したのですが

冷房をつけると冷気が壁を伝って床に下がってくるから、天井との温度差が5〜10℃もあるんだとか!

それはちゃんと対策しないと、筋肉量・運動量が少ない女性が冷えるのが当たり前の現象・・!

 

足のセルフメンテナンスレシピ

わたしが実際やって効果があるものをご紹介。

特に気をつけたいこととして・・・

  • 朝起きてだるかったら、朝やれることをやる
  • 夜はだるさを残して寝るのは厳禁!次の日にも引きずることになる
  • 昼間から夕方の冷房必須の時間には、下半身の冷えには特に気をつける
    (わたしはロングワンピの中にレギンスを履いていることが多いです)

 

 

洗面器でお手軽フットバス

 

朝起きた時、昼間デスクワークで足が冷えた時などにフットバスに入っています。
(足が冷えたまま放置していると、本当にだるさがひどくなる!)

湯量はくるぶしよりも上、温度はちょっと熱めが効果的!

せっかくなら、温熱効果がより高く得られやすい写真のようなハーブ入りソルトなどの入浴剤を入れるのもベター!

 

ちなみにわたしが使っている入れ物は、たためるタイプなので収納にも困らずの便利ものです!

折りたたみソフトタプ(楽天市場)

 

 

朝晩、3分ストレッチ

冷房がずっときいた部屋にいると、部屋の下部の方がどうしても冷えてしまうため、下半身の筋肉がカチカチに硬くなってしまうもの。

それがしつこい足のだるさに繋がるので、筋肉をストレッチさせてしなやかにするのもだるさ対策になります。

 

でも、いちいちストレッチする場所を確保するのも大変。

だからわたしはベッドから降りる前や寝る前などに片足ずつ足を天井に向けてあげて、ゆっくり伸ばしています。

こんな感じw

特に太ももの裏側がガチガチに硬くなっていると、足がまっすぐ伸びないと思います。

無理に伸ばそうとすると負担になるので、腹式呼吸をしながらゆっくり徐々に伸ばすように。

 

マッサージに行って、一時的に楽になったとしても、また冷房などで冷えれば筋肉が硬くなり、堂々巡りになってしまうもの。

たった3分でもいいので、ぜひストレッチやってみるといいですよ!

 

 

冷え性必見アイテム:靴下よりもアンクルウォーマー

足全体を全部覆うとムレてしまったり、熱がこもりすぎたりと靴下だと快適に過ごせないことも。

だからわたしはアンクルウォーマーにして冷やしたくない足首周りを強化しています。

 

日中は五本指のアンクルウォーマー。
足指って、手指のように開きにくいんですよね。
足指が動かしやすい方が、冷えにも効果的。

一つ持っておくと家でも旅行先でも重宝するので、友達にもプレゼント♡

 

ストレッチ中の写真を再利用w

寝る時は、足首を覆える
オーガニックの和綿で丁寧に作られ、草木染めされたウォーマー。

ふわっと包まれるような優しい感じがたまらない一品♡
あまりにも気に入ったので、母にもプレゼントしました。

 

どちらも絹糸紡さんで購入しました!

人気アイテムなので、こまめにオンラインサイトをチェックするといいと思います。

 

まとめ

オフィスでも自宅でも外出先でも冷房がついていないところを探すのが難しいぐらいなので、

冷房による冷え性にお困りの方も多いはず!

 

毎日の冷えが積み重なると、慢性的な疲労にもつながる威力がありますし、しかも夏の冷え性を放置していると、秋太りの危険があるのです泣

今回の内容が参考になると嬉しいです!

ぜひ合わせてこちらの記事もお役立てください^^

 

冷え性さんへのおすすめ記事