現在、わたしは

一般社団法人ホリスティック美容師協会にて理事をしています。

 

ずっとエステの世界にいたわたしが

なぜ今、美容師さんに関わる仕事をしているのか。

こんなエピソードがきっかけでした。

 

image

わたしがしていたエステ講師とは

プロのエステティシャン以外に、プロの美容師さんやネイリストさんにもセミナーをする事があり

全国のエステサロン、美容室、ネイルサロンを回って美容教育の仕事をしていました。

 

昔、福岡エリアを担当していた頃

セミナーで臨店したヘアサロンに、あまりにもむくんでいる美容師さんがいて

 

チェック水分どれぐらい取れてますか?

チェックお手洗い(お小水)はちゃんと行ってる?

チェックなんなら便秘でしょ?

チェック毎日だるくないですか?朝起きられます??

 

と、あまりに心配になって質問攻めをした事がありました。

なんでそんなにわかるんですか??と驚かれつつ

ご本人はしんどいけど、どうしていいのかわからなかったそうです。

 

 

またある時、大阪のヘアサロンにて

ご飯を作るのが面倒だからと、毎日3食菓子パンを食べている女子がいて

炭水化物オンパレードで、肌の内側に老廃物がごっそり溜まって

肌がデコボコしていたのが心配になって、食事とスキンケアのアドバイスをした事がありました。

(その後、見事に肌がツルツルになったそう^^)

 

そのほかにも・・・

  • 手荒れがひどい美容師さんはみんな夜ちゃんと寝ていない
  • ヘルニアになっちゃった!
  • 美容師になってからアレルギーになった
  • 低体温で生理痛がひどく倒れそうになる

・・・など、いろんなケースを見てきました。

 

そう!美容師さんたちは案外不健康だという事!!!

 

 

お客様を美しくする美容師さん自身を、健康に美しくする活動や

美容師さん自身が不調や肌荒れなどで困った時に相談に乗れるような環境が必要だと

その時に強く思った事が、今のわたしにこうやって繋がっているというワケです。

 

現役美容師、代表理事の中島ちかとの出会いが
今の活動を始めるきっかけでもありました^^

 

現状、美容師さんたちは、お客様のために・ご自身のスキルアップのために

お休みの日も勉強や研修に使っている方がとても多いです。

 

ですが、

  • 美容師というハードな専門職の人がどんなものを食べたらいいのか
  • 忙しくても元気に仕事ができる体調管理はどうしたらいいのか
  • 生理痛やむくみ、冷えなど美容師さんにありがちな不調

こういった、自分がもっと健康に美しくなるための勉強はあまりしていないものです。

 

だから、そんな知識のおすそ分けをして

せっかく就けた、美容師という素晴らしい職業を長く健康的に続けられるお手伝いができたらと思っていたのです。

 

わたしは現在、ホリスティック美容師協会で開催しているセミナーを担当しています。

 

▷開催レポ:自分と他者の性格を読み解き、カウンセリングに生かす
▷開催レポ:食養生とセルフマッサージセミナー
現在募集中:10/22美容師対象「頭皮を読み解く方法」を知るセミナー

 

自分自身がきれいになりつつ、お客様にお伝えできる知識を持てたなら

美容師さんとしての個性に強みがプラスされ、もっと活躍されるはず。

その結果、お客様にもいいサービスが提供できて、美しさと健康がもっと循環するはず。

 

そんなことをこれからも、ホリスティック美容師協会として、お伝えしていきたいと思っています!

 

 

ホリスティック美容師協会でもコラムを書いています。

最新コラムとお知らせ
「女子美容師さんに大切にして欲しいこと・炊飯器プロジェクト」

 

 

先日、今後の協会活動についてと美容師さんに喜んでいただける企画について、ランチミーティングをしました!

当協会理事(右:代表理事、中島ちか・左手前:理事、入江円香)とランチをご一緒してくださったのは

古瀬 花さん( Umineko美容室オーナー Umineko カンパニー代表取締役)

 

こうやって美容師さんたちとホリスティックな輪が広がっていき

たくさんの美容師さんと繋がっていけるよう、これからもまっすぐな気持ちで活動をしていきます^^

 

ホリスティック美容師協会公式サイト