こんにちは! ビューティスト 入江円香です。 (最新のお知らせ

 

madoka
madoka
タイで買い物をするなら、場所を選んですべし!

 

街中ではこの値段だったのに、市場ではもっと安くなっていることも多いタイ。

だから、賢くお買い物したいなら、市場に行ったほうがいい!ということで

タイ旅行時には、夫の買い付けに付き添って、チャトチャックウィークエンドマーケットに行きました!

 

 

土日しか営業していないこのマーケット、あらゆるものがかなり広い敷地で売っているので、とにかく人が多い!

 

はじめてのタイ旅行、わたしのコスメ以外のショッピングは全部このチャトチャックマーケットで完結しました。

 

街中で買い物をするよりも市場で買うのがオススメ

買い付けをする夫についてあれこれ回りましたが

服・ハーブ・バックと何でも売っている上に、街中で買い物をするよりもかなりお安い!

 

セットアップの服で約3000円程!

 

わたしには、アパレル出身の両親・アパレル経営の夫と家族がアパレルまみれなため

元々、服を定価で買う考えがない←w

それでもびっくりするほどの値段でお買い物ができます。

 

 

チャトチャックマーケットの歩き方

初めてのチャトチャックマーケットなので、あまりの広さにびっくり!

全体を歩き回るのも楽しいと思いますが、あまりの暑さと苦しさなので

効率よく回るのがポイントだと思います。

 

セクションを確認して歩く

全部で27ものセクションがあるマーケット。

至る所にセクションナンバーが書いてあるので、それが目印になります。

 

セクション1 = アンティーク品エリア

セクション2・3・4 = ガーデニング用品・植物、若手デザイナーの衣料品・アクセサリー

セクション5・6 = 古着エリア

セクション7・22・24・25 = タイ雑貨、アート品、天然石

セクション8 = タイ雑貨

セクション9・11・13・15 = ペット用品・ペット

セクション10・18・20・21・23 = 古着、衣料品、アクセサリー

セクション12・14・16 = アーミーグッズエリア

セクション17・19 = インテリア、陶器エリア

セクション26= 古本,アンティーク

 

水分補給はしっかりこまめに!

あちらこちらにドリンクが売っているのですが

飲まないと、ものすごい湿気と暑さでバテてしまいそう!

パイナップルのフローズンドリンクが一番美味しかった^^

が、作るときにシロップみたいなのを入れてたような気もしたw

 

トイレは有料。ペーパーも持参すべし!

有料トイレですが、備え付けのトイレットペーパーはなし。

このマーケットでの仕入れに慣れている夫はホテルのトイレットペーパーを持ち出して、完璧な準備ですw

トイレの場所もたくさんあるわけではないので、見つけたら入っちゃうほうがいいかと。

 

今回の戦利品

夫が古着等を仕入れている合間に

ちゃっかりわたしも自分が気になるものを瞬時に見つけ、サクサク買い物をしました。

 

小物類

広すぎて引き返さないので、ちょっとでもいいと思ったものは即購入。

ハーブティー・ポーチなどはお土産に!

 

びっくりの値段、衣服類

服も何着か購入し、このワンピースはなんと!約700円でした^^

 

(セクション2にあるお店で買いました)

 

このトップスも200バーツ。セクション2で。

 

ベンジャロン焼き

タイの工芸品の一つ、ベンジャロン焼きはマーケットで買えば、デパートよりもお安くゲットできます!

JJベンジャロンセクション19   ソイ6/1にありました。

 

きらびやかな食器がお店の隅々まで!

はじめての買い物だったので、ティーポットとティーカップのセットのみ購入。

次回は別の食器を買います!

 

アロマショップ、カルマカメット

わたし的に一番の目的だったショップはカルマカメット

タイ王室御用達のアロマブランドです。

合わせて読みたい!オススメ記事

 


夫が買い付けをしている間に一人でカルマカメットショップに行き

あまりにいいショップとアロマだったから、夫を連れてもう一度訪問。

チャトチャックマーケットにあるショップがブランド初のショップと聞きました。

 

チャトチャックマーケット基本情報

オープン時間は、9時〜18時と書いてありますが

注意したいのは、お店によってオープン時間がバラバラだということ。

(仕入れをしようと思ったお店が全然開かなくて、隣店の方に聞いたほど)

 

バンコクナビを見ると行き方なども詳しく載っています

 

アクセスは往復タクシーで

朝、道路が空いていたからタクシーを使いましたが、帰りがものすごい荷物になったため、帰りこそタクシーで。

でも市場近くのタクシー運転手さんは結構強気の値段交渉をしてくるそうです。

3時間半、歩き回って汗だくで苦しい状態だったのでタクシーの冷房がなんとも言えない天国感がありました笑

 

まとめ

タイ旅行の日程を組むとき、我が家はチャトチャックマーケットに行くことを一番に考えて、営業日である土日をしっかり日程に入れていました。

夫は他の市場も行ったようですが(わたしは別行動)一番買い付けが多かったのも、このチャトチャックマーケット。

タイでショッピングなら、ここにくるのが一番かもしれません!

 

合わせて読みたい!オススメ記事