今回のテーマは巷で話題の布ナプキン。

肌や身体を内側から整えて、美しくなりましょう!と提案しているわたしですが
よく聞かれることに円香さんは布ナプキンを使っていますか?という質問があります。

それに対して使ったことがありますが、今は使っていませんが答え。

 

ちなみにわたしは決して「布ナプキン反対派」ではありません。

良い・悪いかは、誰かの評価に惑わされるのではなく、自分の価値観やライフスタイルにおいてジャッジしたら良いと思っています^^

 

体質だって、経血の量や質だって、ライフスタイルだって、それぞれに違いがあるのだから「他人の正解が自分の正解」とは限らないですもんね。

使ったことがあるからこそ、布ナプキンの魅力もしっかり知っています。

 

まず、繰り返し使えるというエコな点。
ゴミを出したくない・増やしたくない点を配慮している方には素晴らしいメリットだと思います。

また、肌触りがいいので、デリケートゾーンにトラブルが出やすい方には安心できる部分もありますよね。

ケミカルナプキンのあのヒンヤリ感だって気になるし
(冷え○タシートなどでも使われている素材を使っているので)

そこに経血がつくことでの独特なニオイが苦手なので、その辺りが解消される魅力もあると思います。

 

それと、経血コントロールがしやすくなるケースがあること。

布ナプキンを汚したくない!って気持ちが働くと、自然に身体が「経血を出すまい!」と反応するので、布ナプキンに経血がつかなくなった感覚というのは、わたしも経験済みです。

 

だけど、結果的に布ナプキンを使わなくなった。
正確にいうと「生理中に布ナプキンを使わなくなった」です。

その理由が3つあります。
(あくまでもわたし個人の理由と価値観ですので、ご了承くださいね)

 

わたしが布ナプキンを使わない3つの理由

⑴わたしのライフスタイルに合わなかったから

元々、エステの先生として日本各地を出張ばかりしていたわたしにとって
汚れたナプキンを持ち歩く・宿泊ホテルで洗う」ってことができませんでした。

仮に、血の付いたナプキンを洗えるまでそのままにしておくってことも、わたしの価値観にはありませんでした。温かい環境だと、雑菌が繁殖してしまいますしね。

出張がないときに、布ナプキンを使って自宅でお手入れしたこともありますが、ハードスケジュールだったわたしにとって、洗う時間さえも惜しかったというのもあります。
(つけ置きって言ったって、それだけでは落ちた感覚がなかったし、布ナプキンをダメにして捨てたことも多々あります)

わたしのライフスタイルと合わなかったというところが大きな理由です。

 

⑵布ナプキンでも使い捨てオーガニックコットンナプキンでも、生理の質に変化を感じなかったから

わたしは元々、すっごい重たい生理痛の持ち主でした。
体温が35℃前半しかなかったので、当たり前の現象ですが・・。

不正出血もドロっと経血も経験済みですので、そんなよくない生理の質を整えるために優先順位が高かったのは「冷え体質から早く抜け出すこと・食や睡眠等、生活の質を整えること」でした。

布ナプキンは冷え対策として活用される方も多いと思いますが、「自分の身体を冷やしている、そもそもの原因」を取り除かない限りは、本当の意味で冷え性が良くなるってことにはなりにくいのが現状です。

 

ちなみにわたしは、ライフスタイルを整え・アロマやハーブを取り入れたセルフケア(お風呂の入り方を工夫したり、食事に活用したり)によって、自律神経のバランスがかなり整い、体温が1度以上上がりました。

体温が上がったことで、自然と生理痛ともおさらば。経血の質もよくなり、トイレで排血コントロールも(完璧ではないですが)できるようになりました!

 

冷え性から脱出できる方法をまとめた動画レッスンをご用意しています。
体温が上がった!生理不順が良くなった!体重落ちた!と冷え性だけじゃなく、嬉しい症例も多いです!→販売中!冷え性脱出徹底ガイド

と、いうわけで、わたしの生理はナプキンで大きく左右されているわけではないので、⑴で書いた理由(ライフスタイルに合わない)を優先することにしたわけです。

 

⑶洗えると言えど、わたしの価値観に「血の付いたものを繰り返し使う」という考えがなかった

それはわたしがエステの仕事をしていたからだと思います。

エステの現場では、お客様に使用する機械類は必ず消毒殺菌して繰り返し使うものなのですが、職業柄、やや潔癖傾向があるわけで。(かといって、除菌シートを乱用したりは一切しないけど)

ある時、階段から落ちて擦りむいた時「この血のついた絆創膏をまた洗って使うってことと同じなのか」と、かなり冷静に考えてみたこともありました。

つまり、わたしの価値観が大きく影響しているわけです。

洗い方が上手だったり、手間暇かけれる方は酸素系漂白剤を使ったり、煮沸消毒までやるのであれば、安心できる方もいるとは思いますので、この価値観ばっかりは個人差がありますよね。

 

だから、結果的に生理中は使い捨てオーガニックコットンのナプキンを使っています。

amazonにて「コットンラボ」
iherbにて「ナトラケア」
(iherbにてお買い物の際、クーポンコード(UMU414)と入力されると5%お安くなります)

でもここで大事なのは、布ナプキンでも使い捨てナプキンでも
血の付いたものを長時間肌に付けっぱなしがものすごく良くないということと

そもそも生理の質(生理痛がひどい・経血がドロっとしているなど)がよろしくないのであれば、ナプキン云々の前に、体質を見直すことを意識してもらいたいなーと

美容のプロとしては、そんな風に色々と眺めています。

 

でも「温活」として使っています

かと言って、わたしは布ナプキンを持っていないわけではありません。

布ナプキンのメーカーさんを見ていると、純粋に女性の生理を応援したいと真摯な気持ちで活動されている方も多いので、そういったところで購入しています。

 

目的は「排卵期のおりもの対策」「今日はきっと身体が冷えるぞ!という予定(冷房がキンキンのところに行かなきゃいけない場合など)」用として使いたいから。

わたしは排卵期〜黄体期(生理前の時期のこと)に甘いものを食べると、日中おりものが増える傾向があるので、おりものシートを使いたくないこともあり、布ナプキンを愛用しているし

布ナプキンの生地の温かさが冷えやすい環境では、お守り代わりになるので、とっても助かっています。
(ちなみにデリケートゾーンにカイロを当て続けると、粘膜乾いちゃうと思いますよ。カイロって乾燥しているものだし)

 

と、言うわけで!
わたしにはわたしなりの事情やライフスタイルがあり
それを考えた結果、生理中に布ナプキンを使わない選択したと言うことです。
(布ナプキンを全否定しているわけでも、喧嘩を売っているわけでもありませんからねー!)

 

今の世の中、情報過多なので「自分の軸を持って、物事を選択すること」が一段と難しく感じやすいと思います。

きれいな人がオススメしていたら、刺激を受けてやりたくなりますもんね。

だけど、あなたの身体はあなただけのもの。
決定権を他人任せにしてしまうのは、心配なことです。

わたしのブログが、「自分に合った、より良い選択ができるためのヒント」になったら、とても嬉しいです^^

 

 

P.S 布ナプキンを使っていれば、どんな乱れたライフスタイルでも冷えた身体でも全て大丈夫!
っていうのは、幻ですので、ぜひ大切な身体を整えてくださいね。

個別カウンセリングでは、体質に合わせた「生理の整え方」をご提案しています。