最近、ピクニックが好きで良く行くようになりました。

買ったお弁当より、作ったお弁当を持っていきたい派の我が家。
でも手の込んだものや時間のかかるものが作れない。

美味しいランチメニューでありながら
ピクニックだと気になる紫外線のケアもできる内容がいい!

しかも簡単に作れるもの!!

それを欲張れるピクニックメニューを作りました♡

 

夏のビューティー的、ピクニックレシピ


《ポイント》
手が込んでないもの・時短で作れるメニュー・彩りがカラフルであること
抗酸化作用や肌を強化する栄養が含まれた食材を使っている

 

右下ご飯・・・ヘンプごはん

栄養面:ヘンプシードはタンパク質・ビタミン・ミネラル・良質なオイルが含まれたスーパーフード!振り掛けるだけで美容に必要な栄養がチャージできます。

⑴お米を炊く(我が家は土鍋で炊いています)

⑵蒸らしたご飯にたっぷりのヘンプシードと少量の塩(もちろん良質なものがオススメ)を振り入れ、混ぜて終わり!

 

真ん中・・・鶏胸肉ロール

栄養面:低カロリー&高タンパクの鶏胸肉。
タンパク質は皮膚を作ってくれる大切な栄養素です!不足すると肌老化が進行しやすくなります。

⑴鶏胸肉を塩麹につけて下処理
(下味がつき肉質が柔らかくなります)

⑵観音開きにして、胸肉の厚みを均等にする
巻いた時の表側になる部分に塩胡椒やハーブをかける

⑶そのお肉をラップの上に置き
スティック状にした好みの野菜をおいてラップごとクルクル巻き
ラップの両端をグルグルにしてしっかり輪ゴムで止める(そうすることで成型がしっかり出来ます)

⑷沸騰した鍋にそのまま入れて、10分ぐらい火を通す
(それと一緒に卵も茹でちゃう!)

⑸ラップから外し、カットして完成!

インゲンとパフリカのヘンプシード和え

栄養面:日焼けをすると肌が酸化し、黒ずみやシミの原因になりやすいですが、この食材は抗酸化作用があります!

⑴インゲンはさっと下茹でし、食べやすい大きさにカット(パフリカは下茹でしない)

⑵ヘンプオイルと醤油(1:1)、ヘンプシード(適量)と野菜を混ぜて終わり!

 

こんにゃくの甘辛煮

栄養面:
水溶性食物繊維が腸内環境を活性化する効果
豊富に含まれるセラミドが日焼けで乾燥した肌を内側から保湿するのに役立ちます!

⑴こんにゃくを食べやすい大きさにカットして、から炒りする
(味がしみやすくなる)

⑵醤油・みりん・酒(1:1:1)と鷹の爪を入れて、炒め煮詰める。

⑶ごまプードルと和えて、完成

いろいろ野菜のレモンペッパーサラダ

栄養面:
日焼け対策だけではなく、シワやシミの予防に役立つビタミンCが含まれるレモン汁
大根の白・人参のオレンジ色・オニオンの赤には抗酸化作用が含まれるフィトケミカルが
ブラックペッパーに含まれるピペリンが栄養を身体の隅々にまで運ぶ効果を高めてくれます!

⑴大根・人参・レッドオニオン(水にさらす)を全部千切りにする

⑵ドレッシングを作る
(エキストラバージンオリーブオイル大2・レモン汁大1・塩・ブラックペッパー・マスタード・ちぎったパセリ)をよく混ぜて、乳化させる

⑶ドレッシングの中に野菜を入れて、よく混ぜて終わり!

 

そんな感じの美容家流ピクニックランチ。
手の込んだ料理ではなく、サクッと作れるものですが、美容効果を狙えるレシピです。

参考になれば嬉しいです!
今年はピクニックにそこそこ行く予定で、こんなものも買いました♡

歩きたがらない愛犬ちゃんやらお弁当やらを入れるカート!