忘年会・クリスマス・年末年始と

この時期は、何かと食べ過ぎが気になる季節だったりしませんか?

そして気づくと、体重&体脂肪が増えてしまっているという・・・!

 

御節・ウニパスタ・タコ飯・海老マヨ・毛ガニ・・!
わたしも今年のお正月は実家でも自宅でも「食べ正月」でしたw

 

食べ過ぎが続いてしまった時

外食やお付き合いの予定が立て込んでいる時

もちろん普段から活用したいオススメの調整法があります。

しかも誰でもできて、お金もかからない!

 

ぜひ、ダイエットに興味がある方も、参考にしてくださいね^^

 

一口30回は咀嚼しよう!

実は太りやすい人のほとんどは、ご飯をよく噛んでいないことが多いんです!

その結果、なかなか満腹中枢が刺激されずに食べすぎるというおまけ付き!

よく噛むと唾液が出て、それが消化を助けてくれるわけですが

よく噛まないと唾液も出ないので太りやすくなるわけです。

 

食事中に水分はあまり取らないのがベター

食べながら水分をたくさん飲むと、より胃腸に負担をかけ胃腸の動きが鈍くなったり

胃酸が薄まるので、消化がちゃんとできなかったりすることも多いんです。

我が家の夫は氷入りのお水をがぶ飲みするのですが、よくお腹を下していますw

 

酵素ドリンクやサプリの前に!
流行っているアイテムなので、わたしも試したことがあります!

でも、よくよく身体の仕組みを考えると

よく噛んで、唾液を出しているならば「酵素ドリンクや酵素サプリ」といったアイテムをデイリーユースする必要はなかったりします。

そういったアイテムは普段使いしないで、よっぽどの時に活用するのがいいなと個人的には思っています^^

 

夜は遅くても19時までにご飯を済ませ、翌朝7時までは胃腸を休める

これにより、12時間(半日)は胃腸を休めることができます。

ずーっと食べ続けると、フルスロットルで胃腸が働きっぱなしになりますが

ちゃんと休みの時間を挟まないと、胃腸だって疲れちゃいます。

 

19時(せめて20時)から翌朝7時まで、胃腸を休める事は

元々体に備わっている体内時計的にも理にかなっていること。

 

体内時計に合わない時間帯に食事をしたり、昼夜逆転などのライフスタイルになると

これまた太りやすくなっちゃいます!

 

そして、夜はお腹が減ったと感じてから寝るぐらいが理想です。

逆にお腹に何かある状態で寝ると、翌朝むくんで体が重いってことに。

 

 

ライフスタイルを変えるって本当に難しい?
19時までに食べ終え、翌朝7時まで食べないスタイルって、ハードスケジュールな方にとっては難しく感じるかもしれません。

その場合の対策として

  • まずは全部の予定を1時間ずつ早めてみる

そろそろお正月モードから通常モードになるイメージで。 寝る時間を1時間早めにする・夕食を1時間早めにする、みたいに。

  • 夜は思い切ってご飯を抜く(夜だけファスティング)

 

もちろん、お付き合い等で19時までに食べ終わるということが難しい場合もあるかと思います。

19時すぎてしまう場合は、消化のいいもの・温かいものを取るようにしてみましょうね^^

 

まとめ

食べ過ぎちゃったら、いかにもすごいことをしないといけなそう!

って思いがちですが、シンプルに身体の機能を助けてあげること

一番必要だったりします。

 

・・というか、それをしないでハードな運動でダイエットをしても無謀かと!

 

基本に立ち戻って、まずはよく噛む・胃腸を休めることがオススメですよ^^

 

 

オンラインサロン・アーバンビューティーラボではタイプ別のダイエット法を配信!

基本の調整法をやった上で、自分の体質に合わせたダイエットをすることが必須!

なぜなら、みんなそれぞれ体質が違うのだから、いくら有名なダイエット法でも

痩せる人・痩せない人がいるからです。

 

アーバンビューティーラボでは

  • ストレス太り・瘀血(ドロドロ血)太り・水太りタイプ別診断
  • タイプ別の体質調整法でダイエットをスムーズに
  • 積極的に使いたいスパイスやハーブ
  • お正月に多食するお刺身などの生もの対策

など、より詳しくお正月太りをスッキリさせるメソッドをご紹介します!

 

この機会に、ぜひアーバンビューティーラボ にご参加くださいね。

1回の交際費代(ひと月5000円)で、月3回効果的なビューティーメソッドを配信しています。

 

ラボについてチェックする