初めてのタイ旅行での目的は

夫の仕入れ(アパレル会社をしているため)

わたしのコスメやスパなどのビューティーリサーチがメインだったため

食事や観光に重きを置いていなかったのですが

 

せっかくならタイグルメと有名どころは行ってみたい!ってことになり、初心者ならではのグルメ&観光旅もしました^^

備忘録として残しつつ、どなたかのタイ旅行の参考になれば!

 

タイグルメ編

タイグルメと言えば、高温多湿の環境を快適に過ごすための工夫として、香辛料やハーブなどが使われているのですが

わたしは辛いものが食べれず・・・!(トムヤムクンとか無理なのです泣)

その中でもどハマりしたのが、カオマンガイ・カオソーイ・パッタイです。

 

カオマンガイ:ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

鶏肉を茹でて出たたっぷりのだしスープで炊いたご飯に、茹でた鶏肉と特製のソースをかけて食べる料理。

自宅でもよく作って食べていたのですが、タイ米だからこその美味しさには敵いません!

わたしはラーン・ガイトーン・プラトゥーナムに行きました。

あまりの人気店ゆえ、開店から5分も経たずに満席!
わたしは開店時間に合わせて行ったので、ギリギリセーフ!

どうやらテイクアウトもやっているようです。

 

カオソーイ:kuppadeli

特長はココナッツミルクをふんだんに使ったカレースープ。

麺はバミー(卵麺)で、カレーペーストはレッドカレーが主流です。トッピングとして乗っているバミーの揚げ麺と2種類の麺が楽しめるのですが、濃厚でとっても美味しかったです!

 

わたしが行ったのはエンポリアムのフードコートにある「kuppadeli」

高級デパート内にあるので清潔感もあるし、そのままショッピングもできるのでよかったです。

 

 

パッタイ:スダー

パッタイは割といろんなところで食べましたが、アソークにあるスダーがホテルから近かったのと、何と言ってもメニュー全部が安い!!

大衆食堂のような感じで、混み合っていました。

サクッと食事をするにも、お酒を飲みつつ食事をするにも良さそう。

 

ちなみにわたしはスダーで食事をした後に目の前のマッサージ店にハマり、4日連続で通いましたw

合わせて読みたい!オススメ記事

 

フルーツジュース

滅多に南国フルーツを口にしないわたし。

それは両親が北海道&岩手と雪国育ちなため、住んだことがなくてもそのDNAがあるわたしも、体質的に南国より北国の食べ物の方が合うからです。

ですが、タイの高温多湿には敵わず!

フレッシュなパイナップルジュースにはお世話になりました。

滞在していた、シェラトングランデスクンビット
▶︎ホテルレポはこちらから

 

仕入れに行った、チャトチャックマーケット
▶︎マーケットレポはこちらから

 

カフェ・バタフライピースイーツ:ブルーホエール マハラート

タイではバタフライピー(蝶豆)というブルーのハーブを使ったドリンクはスイーツなどが人気のよう。

熱帯地区で育つので、熱を冷ます効果があり、わたしも夏やハワイに行った時に飲んだりしていました。

 

中でも王宮近くにあるBlue Whale Maharaj(ブルーホエール マハラート)が人気!

いわゆる「インスタ映え」するメニューだからか、観光客(特に韓国人)でいっぱい!

わたしは王宮に行った時に暑くてしんどすぎたため休憩としてサクッと利用しました。

 

カフェ・チョコレートドリンク:Chu chocolate Bar&Cafe

友達からは「暑いタイでよくホットチョコレートなんて飲めるね!」と言われたのですがw

朝時間があったため、ホテルから近いカフェでのんびりしに行った先のホットチョコレートがとっても美味しかったのですw

タイもいろんなカフェがあって、お酒を飲めないわたしにはありがたい環境でしたw

 

それからカルマカメットダイナーでした食事も最高でした!

グラスフェッドビーフやパスタ、本当に美味しかったです。
タイ料理ではないけど、ここは絶対再訪したい!

 

タイ観光編

毎日観光ってわけには行かなかったですが、最後の夜と最終日に行けるところに行こうと思い

ナイトマーケットとタイならではの観光地にも行きました。

 

タラート・ロットファイ・ラチャダー(Talat rotfai ratchada)

バンコクの中では大きい規模のナイトマーケット。

タラート ロットファイ ラチャダー (ラチャダー鉄道市場)

 

食べ物も豊富だし、服から雑貨まで色々売っています。

わたしは暑苦しさでしんどくなり、何も食べずで終了w
夫は初めて行ったそうですが、良いものを見つけて仕入れをしてました。

 

ワットポー

バンコク三大寺院として有名な「ワットポー」

全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏の堂々とした寝姿で有名ですよね。

行き方はバンコクナビを参考にさせてもらいました。

 

ワットアルン

ワットアルンは三島由紀夫の小説の舞台にもなった“暁の寺”とも言われているそう。

寺院の中では、1番見た目が好みだったためw 行ってみることに。

よーく近づいてみると、カラフルな細工がたくさん。

ワットポート合わせて2時間ぐらいで見て回ることができたのと、移動がタクシーで楽だったので、体力の消耗度は低かったですw

ワットアルンへは船での移動でした。

ワットアルンへの行き方もバンコクナビを参考にさせてもらいました。

 

時間があったらアユタヤやピンクのガネーシャにも行きたかったのですが・・・。

でも結局わたしは買い物とスパが1番楽しかったです^^

 

 

番外編:両替はスーパーリッチ

ちなみに仕入れで何十回もタイに来ている夫いわく

両替はスーパーリッチでやるのが良いと言っていました!

レートチェックやお店の場所はこちらから