美容家の仕事をしているわたしは、プライベートでは年に3回ほど海外旅行に行っているのですが

旅先に合わせたビューティーケアをしないと、オトナ女子は老化のスピードや疲れ具合が加速すると自覚しています汗

 

今回は紫外線が強く、意外に身体が冷えやすいハワイ編。

わたしがハワイに行った時に、この3つのビューティーケアをしっかりやるようになってから、現地でも肌荒れすることなく、疲れを残すことなく、楽しめるようになりました!

今回は美容家であるわたしが、実際行っているビューティーケアを「ハワイでやるべき3つのビューティーケア」としてご紹介します!

これを読んでくださった方が、ハワイでの快適な旅行と、きれいな自分作りにお役立ていただけると嬉しいです♡

 

旅先でのビューティーメンテナンスの必要性

いつもいる場所と違った環境・時差・食べるものの変化などから、旅先ではいつもの自分とは違う状態になるものです。

と、なると肌や身体のコンディションも変わって当たり前。

だから、いつものスキンケアやボディケアだとちょっと足りない部分が出てきますので、それを補うようなビューティーメンテナンスが必要です!

旅先の環境や自分に合わせたビューティーケアを。

旅行先がハワイなら、日焼け対策・スキンケア・冷え疲れ対策のボディケアが必須になります。

 

〈日焼け対策〉日焼け止めだけに頼らない対策を!

日焼け止めをつけることも大切ですが、それだけに頼らないこと。

日焼け止めを朝塗って終わり!って方が多いと思いますが、残念ながら朝塗った日焼け止めは時間とともに効力が薄くなっていくし、海やプールで落ちたりもしますので、付け直す手間が面倒であれば、帽子やストールも活用しましょう!

ハワイの紫外線はそれだけ強いので、焼きたくないのであれば日焼け止め+陽射しからまもるアイテムを併用するといいですね。

 

そもそもちゃんと日焼け止めを塗れているかが美容家としては気になるところ汗
(多分ちゃんと塗れている人ってほぼいないと思う。サーっと伸ばすってつけ方じゃ意味がないんです汗)

これはわたしのオンラインサロンにて動画でレッスンしますので、ぜひチェックしてくださいね!

オトナ女子が肌と身体がきれいになるためのスキンケアやボディケア、栄養の取り方をたっぷりとお伝えしています。

入江円香のビューティーオンラインサロン 

 

 

〈スキンケア〉徹底的に水分と油分を補給する!

日中、ハワイの強い紫外線に当たった肌はまるで干物状態!

そんな乾いた状態で過ごすと、あっという間に焼けやすく、肌がスカスカの乾燥肌になってしまい、老化のスピードが加速してしまうんです。

日焼けしやすい場所で生活する人は、日照時間が少ない場所のところの人と比べて圧倒的にシワやシミができやすいのが事実。

だから夜のスキンケアでは水分をしっかり与えて、その次に代謝を高める栄養が含まれたローズヒップオイルなどのオイル美容液をつけるのがオススメです。

 

化粧水はバシャバシャ使いたいので、質より量を重視して現地で選びます。
オイル美容液はトリロジーのローズヒップオイルがオススメ。

 

夜にやりたいスキンケア「ローションパック」

コットンにローションをたっぷり含ませて、肌に貼り付けます。
その際、コットンにつけたローションが乾かないように気をつけましょう!

パック時間はどんなに長くても10分まで。
それ以上だと、せっかく肌に馴染んだ水分がまたコットンに逆戻りして肌が乾燥する原因になりがちです。

わたしが愛用しているアイテム

炭酸コスメフロムCO2のローションコットン
(炭酸ローションがたっぷり染み込んだコットンが入っているので、使いやすく持ち運びも楽です!)

無印良品 はがして使えるコットン
(1枚のコットンが4枚に避けるので、ローションを含ませた後に顔全体に貼り付けられます)

 

 

〈ボディケア〉身体の冷えと足の疲れをリセットする!

ハワイのレストランやショッピングセンターの室温は日本人女性にとってはなかなか寒い場所なはず。

ハワイ仕様のファッションのままで長時間冷える場所にいると、あっという間に体が冷え切ってしまい、それがハワイ旅行中の体調不良やだるさに繋がり兼ねません!

 

また歩き回って足が疲れるタイプであれば、足のメンテナンスもしておきたいところ。
なぜなら、足の疲労感が心の疲労感に繋がるし、セルライトができやすい環境でもあるから!

オトナ女子は旅先でもボディメンテナンスをしておいたほうが、次の日も身体の元気さや軽さが全然違いますよ!

ホテルに戻ってきたら、ぜひボディメンテナンスタイムを作ってくださいね♡

 

夜のボディメンテナンス

・バスタブにお湯をためて、しっかり温まる

温度はぬるめがオススメ!
日焼けをしている肌に熱めのお風呂は負担となります。
海外のバスタブは浅めに作られていますが、できれば肩まで身体をずらして入りたいところ。

・お風呂上がりにリンパマッサージを!

冷えた足をお風呂で温めて、巡りがいいタイミングで、リンパの流れを高めてくれるアロマオイルを足全体にさーっとなじませます。特に疲れやすいふくらはぎや足裏は念入りに!


わたしの愛用はいつでもこちら。
ポールシェリーのバスオイルとハーバルオイル

日本だろうと海外だろうと、どこにいてもこれがないとダメ!ってぐらい愛用しています。

ハーバルオイルの購入サイト
バスオイル(入浴剤)の購入サイト

 

・できるだけずっと足首を冷やさない!
足首には太い血管が流れているため、ここを冷やすと末端に冷えやむくみが深刻になりやすいです。
ホテルでのリラックスタイムには、温度調整やしやすい足先が開いているタイプのウォーマーがおすすめです!


絹糸紡のアンクルウォーマー

ちなみにわたしがハワイなど夏の旅行先でマキシワンピやロングワンピを着ているのは、冷え対策をしたいからです!

このワンピースの中にはレギンスだったり、シルクの腹巻きを装着しています。

これは思いの外、重宝しますよ!ぜひ持って行って欲しい!

 

まとめ

面倒なことはできない!けど、ビューティーケアもやっておきたい!

そんな方にオススメの内容をご紹介しました。

オトナ女子にとってのビューティーメンテナンスは、きれいとグッドコンディションをキープするためには必須の項目です。

ぜひ参考にしてくださいね!

Have a beautiful trip!

旅ビューティー参考ブログ

長時間フライトの際のスキンケアをまとめました!
▷機内でのスキンケア

ハワイ大好き美容家による
オトナ女子がハワイを楽しむための情報をレポしています!


ハワイレポブログ

※入江円香アメブロに飛びます