わたしが美容とエステの道に入ったのは、今から約20年前のこと。

 

浮気?もせずに、ずっと続けてきたからか

  • 美容の仕事って、実際どうなの?
  • 美容の仕事に就いてみたいけど、どうしたらいいの?

って、聞かれるようになりました。

このブログでは、それにお答えしようと思います!

 

※美容と言っても幅が広いので

わたしの場合「エステ関係やフリーランスの美容家」ってケースにおいての現状をお話しします。

 

最高の仕事!でも好きじゃないなら、頑張れない

わたしはエステティシャンエステの先生を経て

現在は、フリーランスの美容家として

  • オンラインサロンの運営
  • 個別でのカウンセリング対応
  • 記事の執筆
  • 企業でのスタッフ教育や講演活動、をしています。

 

この20年近くで、現場経験から教育の立場になるまで、美容に絡む色んな経験を積んできました。

いろんな仕事を長く続けてこれたのは、根底に美容が大好きな気持ちがあるから。

 

美容を通して、必要としてくれている方のお役に立てて

その方の肌がきれいになったり、痩せて自信がついたりとする姿を見るのが

最高の幸せだと感じているので、どんなことも頑張れました。

 

が!!美容の仕事は思ったよりも体力仕事です。気力もすごく消費します。

 

お客様の肌や体の対応をするって

それ相当の技術力や知識がないと対応できないから

美容の仕事をしている限りは、ずっと勉強し続ける必要があるし

エステの仕事なら、技術センスがないと難しいからひたすら練習が必要です。

 

接客のスキルから、裏側のパソコンスキルだって必要

売り上げだって必要ですから、営業スキルも必要!

 

勤務体制にもよりますが、わたしの場合は

終電に乗れなかったこと・毎週出張があったり

毎日7時間近く講義で話し続け、声が出なくなる・・

若くして教育側になって、年上からは相手にされないなど

本当にいろんなことがありました。

 

要は、美容の仕事は想像以上に体力も気力も使うから

好きじゃないと、仕事を頑張るモチベーションにはならないと思うんです。

 

だから、美容が本当に好きでやりがいを感じないのなら、この仕事に就くことをオススメはしていないんです。

 

わたしの場合。どうしても一つ、しんどくて仕方なかったのは・・

ものすっごい売り上げのノルマがあった時。

21歳ぐらいで月ウン千万とあった時は血尿が出たし、不眠になりました泣

(さすがにその会社は続けられなくて、別の会社に転職し13年勤めました)

 

美容の仕事に就くにはどうしたらいいの?

(美容の、どの専門職になるかにもよりますが)

美容師以外は国家資格ではありませんから

正直、エステティシャンでも美容家って、誰でも名乗ることができます。

日本エステティック協会の資格制度や団体が発行しているものなど、いろんな資格制度がありますので、それを取得するもの一つ!

 

ただ、お客様の立場になった時、どんな人にお願いしたいか?を考えたら

信頼できること・きちんとスキルがあるプロがいいものですよね。

(変なアドバイスとかで、肌が荒れたら困るしねw)

 

だから、まずはしっかり勉強することが必須です!!

スクールでも良いし、わたしのような美容家など個人に教えを請うことも良いと思います。

現在お仕事をしている方で、働きながら準備をしたい方はこちらが向いています。

 

ある程度の知識やスキルを持った上で、現場に出たほうが(就職するなり活動するなり)

良いスタートダッシュが切れるし、会社だったら重宝されると思います!

 

 

また、社員教育をしっかりしている美容の会社に務めちゃうのも一つ。

わたしがこれまで見てきたエステティシャンの多くは

未経験でエステの会社に入って、社員教育を受けながら働いて

スキルを身につけている方も多くいました。

 

が、どちらの学び方にしても

美容が好きで、頑張れる人じゃないと!!

 

憧れだけで入って、美容の仕事を好きには慣れず、頑張れなくて辞めて行く方も多数いました。

(長年教える立場をしていたから、続かなそうだなって人は一言話せばわかるw)

 

現在はホリスティック美容師協会で理事をしており
美容師さん向けのセミナー講師もしています。

 

まとめ:

女性にとって、美しさとは永遠のテーマ。

その願望を叶えるお手伝いができる仕事は、わたしにとって何よりもやりがいがある天職です!

 

この業界のクオリティを上げていきたい!と微力ながら思いますし

同じ思いで頑張れる同士が増えたら良いなとも思っています^^

 

きれいな面だけしか見せないのは真実ではないから、わたしが思う事をありのまま綴りました。

まずは、美容の仕事を心から惚れるぐらい好きになれること。

参考になれば嬉しいです^^